Hospital

大腸がんに悩んでいる人は星の数ほどいます|独りで悩まない

十二指腸に発生するがん

患者

十二指腸のがんの症状

胃と小腸を結ぶ消化官を「十二指腸」と言います。この十二指腸に発生する癌を「十二指腸がん」と言い、消化管に発生する癌の中では非常に発症が稀とされています。発症例が少ないこともあり、十二指腸がんの発症の原因は現在明確にはされていません。十二指腸がん患者の約8割以上が、良性の腫瘍の「腺腫」が悪性へと変異したことにより十二指腸がんを発症しています。十二指腸がんは早期の内は、自覚症状が殆ど現れないのが大きな特徴です。癌が進行していくと、嘔吐や腹痛、体重減少、貧血などの症状が現れ始めます。これらの症状が見られたら、早期に内科または消化器科を受診しましょう。進行がさらに進むと、がん細胞の湿潤が胆汁の排出を塞いでしまい、「黄疸」を発生させることもあります。

十二指腸のがんの治療法

消化器科、内科での十二指腸がんの診断は、内視鏡検査が基本的となります。内視鏡検査にて十二指腸内の細胞を取り出し、病理診断することで診断が確定されます。がん細胞の拡大の状況を詳しく把握する為に、MRIやCTで検査を行うことも少なくありません。十二指腸がんの治療として、非常に早期に発見できた場合には「内視鏡的粘膜切除術」が選択されることもありますが、基本的に早期がんの場合は外科手術が選択されます。がん細胞が十二指腸の粘膜下層までの進行している場合には、開腹し「十二指腸部分切除術」が選択されます。がん細胞の進行が筋肉組織より深層に及ぶ場合では「胃切除術」が行われるのが基本です。進行が重度の十二指腸がんにおいては、抗ガン剤の内服での治療が主体となります。